お葬式の着衣は国によって色が違います

お葬式の場合、故人を偲んで多くの方が集まり、お別れをする一つの場面だと考える事が出来ます。昔から変わらず、多くの人がお葬式に参列し祈っています。国内や色々な場面でのお葬式の着衣は、殆どの場合、黒色を皆さんが着ている事が多いと思います。黒色が常識と言う考え方です。多くの国で黒色の着衣を皆さんが着ているのですが、国によっては白色の着衣を着ている場合があります。何ヶ月か前に友人から写真が届いたのですが、全員、白い色の服を着て、お葬式に参列していました。疑問に感じて尋ねた所、白色を通常、お葬式で着る文化だと言う事です。国内で白色の着衣でお葬式に行った場合、否定的な目で見られると考えますが、全ての国と地域が、お葬式の着衣を黒色と決めていない事を、知る事が出来ました。何でも勉強、何でも観て聴く事が大切な事だと判断しています。お葬式は故人を偲び尊ぶ事が一番大切な事で、実は着衣の色を限定する必要性は無いかも知れない、と考える事が出来る様になりました。

ホームページ作成 格安

リノベーション 東灘区

屋上緑化

芦屋 中古マンション